コンプレックスと婚活について【アトピー恋愛相談室】

30代 ゆうさん(女性)からこんなご相談⇩をいただきましたので、回答させていただきました^^

【ご相談】

頭の中でぐるぐると悩んで負のループになっていたとき、コンプレックス、婚活と検索してこちらのブログに出逢いました!こんな素敵なブログがあるなんて(;O;) 私はアトピーではないのですが同じぐらい目に見えて分かる皮膚疾患があります それがとてもとてもコンプレックスで、恋愛にも前向きな気持ちになれない気持ちと婚活しよう!という気持ちと常に格闘中です やっぱり傷付きたくない気持ちが強いんだと思います 旦那様と出会われた時、早い段階でアトピーのことを打ち明けていましたか?どんな伝え方で具体的にカミングアウトしていたのかなど色々教えて頂きたいです!

【回答】

ゆうさん、ブログを読んでいただき、ご相談いただきありがとうございます^^

コンプレックスがあると恋愛に前向きになりきれない気持ち、首がもげるほど共感です。。

がんばろう!

やっぱりだめだ…

を行ったりきたりしますよね。わたしもそうでした。

まず、

旦那様と出会われた時、早い段階でアトピーのことを打ち明けていましたか?どんな伝え方で具体的にカミングアウトしていたのか…

については、わたしは婚活アプリの自己紹介文から「アトピー持ちです。」と公言していましたし、プロフィール写真も写りのいいものと、アトピー肌とわかるもの、どちらも載せていました。(実際に会うときに自分が臆病になってしまうハードルを事前に下げておくために)

⇧この時点はまだ出会いの最初の入り口の場なので、

サラッと短めの文章で、重くなりすぎないように明るく

を心がけてコンプレックスについて伝えた感じですね^^

⇩こちらのブログにもっと詳しく書いているので、こちらも宜しければ参考にどうぞ^^

婚活アプリで「アトピーのことをしっかり書く+しっかり頼る」でミラクルが起きたワケ

婚活をしているとついつい陥ってしまう、「嫌われるのが怖い」という無限ループ。

わたしもそうだったのでほんとによくわかります。。

でも、アトピーや肌荒れだけで恋愛対象外にしてくるような男性とは、初めから食事など行きたくない!というのがわたしの本音ですが、ゆうさんはどうですか?^^

きっとゆうさんも、そんな男性にくれてやる時間なんか1秒もないよ~

と思うと思うのですが、いかがでしょうか^^こっちから願い下げしてやりましょう♡

このブログでいつも同じことばかり言ってしまうのですが、

婚活って、100人の男性に好かれる必要なんてないんですよ。

たった1人のパートナーと結ばれれば、その他99人にモテる必要はないのです。ほんと、これにつきます

でも婚活をしているとついつい、嫌われるのが怖い。という思いが強くなってしまい

無理して嫌いな料理をがんばる⇒疲れてその恋愛を終わらせたくなる

連絡の少ない彼に怒らず、無理して耐え続ける⇒疲れてその恋愛を終わらせたくなる

となってしまう。

だから婚活で自分を偽ったり、頑張ることは禁物です。

わたしは365日情緒不安定、機嫌が山の天気よりコロコロ変わる女なのですが(もーひどすぎて二重人格レベルです^^;)

そんな自分を偽らずにさらけ出していたら、

「女性はみんな情緒不安定な生き物だから気にすることないよ。」

というトンでもな名言を発する夫と結婚できました。(夫はわたしと同じく、恋愛指南書とか男女の違いみたな本を婚活時代に読みまくってここまで器が大きくなったようです笑)

1~2年付き合うだけなら本当の自分を偽って頑張れても、それを50年とかの結婚生活で続けるのってツラすぎるし、そのままの自分を愛してくれるたった1人と出会うほうがずっと幸せですよね^^

あと、夫とお付き合いが始まってからは

アトピーに関する情報はさらっと明るくでは全然なく、とにかく事細かに伝えていましたね。

どこまで話す?

ではなく、

どこまでも話す!

という感じです。

ゆうさんが彼にご自身のコンプレックスについて話すときに1つだけ気をつけていただくといいかな~と思う点が、

「で、オレはどーすればいいの??」

と、彼がならないように配慮することです。

男性はいつも目の前の女性を幸せにしたい。笑顔にしたい。と思っているし、それが男としての役目だと強く思ってくれています。(昔のわたしもそうだったのですが、この事実を知らない女性がとっても多いので恋愛がどんどんこじれるのです)

だから女性から笑顔が消えると、男性はその原因が自分と全く関係のないことでも

「彼女を笑顔にできていないオレ、ダメだな。。」と感じてしまうし、

そんな状況がずっとつづくと、男性としての自信が奪われてその恋愛自体が辛くなってくるんですね。

「君には俺よりもっといい人がいると思う。」

は、自信をなくした男性からでるお決まりのセリフ。

このセリフを言わせない配慮が女性側にも必要なんですね。

例えばわたしの場合は、

アトピーで食べられないものや自分の好きなものを彼に伝えて➡彼がお店選びで困らないようにする

湿疹が出ていて憂鬱な気分になってしまったときは➡彼にお出かけデートから自宅デートに変更してもらい笑顔でお礼を言う or 憂鬱な気分の話をただ聞いてほしいと彼に伝えて、聞いてもらった後は笑顔でお礼を言う

こんな感じで、彼にコンプレックスに関することをただツラツラ愚痴ったり泣いたりするのではなく、

で、彼はわたしを笑顔にするために何をすればいいか?

で、私は彼がどうしてくれると嬉しいのか?

が明確に彼に伝わる状況になることを意識していました。

間違っても、彼に悪いからと自分でお店を選んで予約したり、

なんでも一人で解決する自立した女性!を目指しすぎないでくださいね。

理由はこちらに詳しく書いています⇒女性ががんばるのをやめると、溺愛ループが回りだす♡

いつも元気、いつも笑顔

そんな彼女でいられれば最高ですが、それってホント大変だし、好きな人にこそ自分のコンプレックスやツライ気持ちに共感してほしいと思ってしまうのが女性の本質だと思います。

ご質問者様はご自身のコンプレックスについて、男性に深く理解していてほしいですか?(付き合っていく上で合わせてほしいことがありますか?)それとも辛い気持ちに共感してほしいですか?

まずはご自身のゴールがどこにあるのかを明確にして、男性に何をどう伝えるのか?を考えてみてください^^

こんなこと言ったらわがまますぎるかな。なんて勝手に遠慮しちゃダメですよ♡

どんなぶっ飛んだわがままも、彼への「ありがとう♡」で終わるようになっていれば

それはわがままどころか愛される魅力になるからです。

男性への伝え方がよくわからない。

とか

恋愛で傷つくのが怖いという思いが拭いきれない。

という場合は、⇩この本がめっちゃオススメです♡

「男性って、思ってたよりずっと優しいんだな」

とか

「いままでの恋愛で、男性にやっちゃいけないこと全部やってた!!」⇦これわたし笑

とか、男性の見方、男性への接し方が180度ひっくり返るほど変わりますよ^^

ちなみに同じ著者の本で似たタイトルの⇩こちらの処女作もあるのですが内容は先に紹介した黄色の本のほうがずっと濃くてオススメです♡(婚活中に恋愛指南書を読みまくっていた女。笑)

あと、わたしが夫と付き合ってからはどんな内容をどんな感じで伝えていたか?

を詳しく書いてあるブログがあるので、こちらも宜しければ参考にどうぞ^^⇩

アトピーのことを彼氏に付き合い初期から細かくすべて伝える!

コンプレックスがあっても前を向いているゆうさんの婚活、ぜったいにぜったいにうまくいくと信じています^^♡

疲れた時は休みながら、ゆるりと頑張ってくださいね^^

今日の記事が、いまこの情報を必要としている人に届くことを願っています♡

さやか