本当の自分に戻ると、優しい運命の人がやってきますよ♡

このブログにお越しいただきありがとうございます。

ここであなたにお会いできて嬉しいです^^

わたしは20代のとき

いい年して実家暮らしじゃ結婚できない

とか

いい年して正社員じゃなかったら結婚できない

とか、いろんな思い込みがありました。

「いまの自分よりももっとすごい自分になろう」

そうやって頑張っていました。

でもそういうときって、じぶんの周りの人たちも

頑張っているわたしを評価してくれる人

頑張っているわたしを好きになってくれる人

だらけになっていくんですね。

そうなると、恋愛でも、職場でも、

なんだかこの先もずっとずっと、休まず頑張り続けるわたしでいないといけない。

そんなすごく厳しい世界に身を置いているようでした。

いまのじぶんよりもっとすごくて、もっと魅力的なじぶん

そんな自分以外の誰かになろうとすることにわたしは途中で疲れてしまい、

もう正社員にしがみつかなくていいや!と、契約社員で残業ほぼゼロの仕事に転職し、

もう一人暮らしも料理を頑張るのもやめよう!と、実家に戻り、

以前の何倍も楽しくて、何倍ものんびりとした毎日を過ごしていたら、

その生活になってから半年後に、そんなわたしを溺愛してくれるいまの夫と出会えました。

夫は東大卒の大手企業勤務。わたしは手取り200万以下の契約社員で実家暮らし。

いっけん話が全然合わなそうそうな2人ですが、

出会った婚活アプリでのメッセージのやり取りの時点で、お互いにすごく話しやすいと感じました。

そしてそれは実際に会ってみてからも同じで、会って2回目でお付き合いスタート、

付き合ってからちょうど1年で結婚。と、びっくりするほどスルスルと進みました。

夫はわたしと出会ったときも、いまも、

「さやのゆるいところがすごく落ち着く。」と言ってくれます。(子供が産まれてからは時々鬼嫁になるけど笑)

なぜなら夫はバツイチで、以前は奥さんから

「昇格してね。」

とか

「頑張って資格とりなよ。」

と喝を入れられていたからです。

だからわたしが夫に、

「わたしは結婚したらパートとかでのんびり働きたい。フルタイムの仕事と家事育児を両立したら、たぶんアトピーがひどくなっちゃうから嫌。」

とか

「なおちゃん(夫)もいまの仕事あまりにキツイならもっとゆるいところに転職したら?お給料少しくらい下がってもその分節約すればどーにかなるよ~」

とか言っているのを聞いて、「なんてゆるいんだ……」と、衝撃をうけたそう笑

⇧上に紹介したようなわたしのセリフをような聞いて、

「この女、マジ無理」と思う男性もいっぱいいると思います。

でも婚活って、多くの男性にモテる必要はないのです。

ダメダメな自分のままでも溺愛してくれるたった1人の素敵な男性を見つければいいのであって、その他大勢の男性に嫌われようと、どーでもいいことなのです♡笑

運命の人と出会える時って、

仕事で認められるじぶんになったとき

とか

苦手な料理が上手になったとき

とか

持病が治ったとき

とか、いまの自分以外の誰かになれたときではなく、

いまのままのダメな部分もいっぱいある自分に、自分でOKを出せたとき

だと、わたしは思います。

わたしがもし婚活中に、

苦手な料理もがんばりつづけて、

1人暮らしもがんばりつづけて、

正社員の仕事にしがみついて、

そんなふうにがんばりつづけていたら、

きっといまの夫ではなく別の人と結婚して数年後に離婚したか、まだ独身のままだったと思います。

なぜなら頑張っているときの自分で始まった恋愛は、ずっと頑張り続けなければいけなくて、途中で苦しくなるから。

99人の人に嫌われても、たった1人の愛し合える人と出会えればいい。

大丈夫。あなたの運命の人は、あなたがダメだと思っている部分こそ「魅力」だと思ってくれる人だから。

本当の自分をさらけ出す勇気をもてれば、優しい優しい運命の人があなたを見つけてくれますよ^^

今日も読んでいただきありがとうございました♡

今日の記事が、いまこの情報を必要としているあなたに届くことを信じています^^

【関連記事】病気と恋愛のこと 「嫌われない選択」より「疲れない選択」を優先するとうまくいく