じぶんを大切にしてくれる男性とそうでない男性を見分けられるようになる習慣

このブログにお越しいただきありがとうございます。

ここであなたにお会いできて嬉しいです^^

じぶんのことを大切にしてくれる男性と、そうでない男性を見分けられるじぶんになる方法があります。

それは、

普段の生活の中の様々な選択を、「じぶんの心がときめくかどうか?」で決めていくことです。

例えばお昼ごはんを選ぶ時も

「とりあえずコレを食べよう。」と選ぶのではなく、

今日はわたしは何が食べたいかな?

どんな場所で食べたい?

と、自分のコンシェルジュになったように自分に聞いてあげる。

「いままでは会社の休憩室でコンビニ弁当を食べていたけれど、

本当は、オシャレなカフェで体に優しいものが食べたい。」

(⇧これ、OL時代のわたしが自分に聞いたら出てきた答えでした。)

そんな本音が聞こえてきたら、その本音に従って自分を喜ばせてあげる。

ハンカチやペンなど身の回りの小物を選ぶときも、「とりあえず」ではなく

「どれがときめく?」と自分に聞いて、じぶんの心がワクワクするものを選ぶ。

こんなふうに、毎日の小さな選択を「じぶんのときめき」に敏感になって選んでいると

じぶんワクワク・モヤモヤ

心地いい・心地よくない

といった、じぶんの心の声に敏感になります。

心の感度がどんどん上がっていくんですね。

そうすると、恋愛のときもその感度が自分にとってベストな選択をするセンサーになってくれます。

恋をしているときって、少し熱が出ている状態です。

脳科学的にも、恋をしているときはハイになっている状態で、いつもより冷静な判断ができない状態だそう。

でも普段からじぶんの心のときめきにしたがって物事を選択していると、

恋愛中のハイな時でも、

「なんとなく、嫌な感じがする…」

とか

「なんとなく、ホッとする、安心する」

とか、じぶんの心の奥の声や違和感にも敏感になれます。

そして普段からじぶんの心の声に沿った選択をしている人は、

恋愛中のハイな時でもその選択力がしっかりと活かせます。

だから一見恋愛とはまったく関係のない普段の小さな選択から、

「じぶんが好きなもの」「じぶんの心がときめくもの」「じぶんが心地いいもの」

に、敏感になってあげてくださいね♡

恋愛の選択も、仕事の選択も、何でも、

あなたにとってベストな答えは、いつもあなたの中にあります。

あなたの心が感じることに敏感になって、その心の声に従うことで、ベストな答えにたどり着けるのです♡

わたしたちはみんな、じぶんの運命の人に出会う力を持っているから大丈夫です♡

今日も読んでいただきありがとうございました♡

今日の記事が、いまこの情報を必要としているあなたに届くことを信じています^^

【関連記事】自分に自信なんてなくても、恋愛も人間関係もちゃんとうまくいくから大丈夫。