テレワークになった夫も放っておく笑。で夫婦円満♡

この世界で唯一無二の、尊いあなたへ♡

うちの夫は先週からテレワークになりました。(今更感がすごいけど!笑)

最初の2日はお昼を用意したり、娘を公園に連れだして静かな環境づくりを頑張ってみましたが、疲れて機嫌が悪くなったのですぐやめました。笑

新婚のとき、1人で勝手にイイ妻・完璧な妻をどこかで目指してしまい、

1人で勝手に「絶対にわたしがやらなければならない家事や育児」を増やして、

いつも疲れていて、いつもイライラしていて、

夫にも「あなたもわたしと同じくらい頑張ってよ。」と求めてしまうようになりました。

娘が生まれてからも、良いママ・完璧なママをどこかで目指してしまい、

結果的にいつも泣いたり、怒ったり、不安定なママになりました。

男性と子供が1番喜ぶことは、

パートナーの女性の機嫌がいいこと

ママがいつも笑顔でいてくれること

完璧な妻・完璧なママになって欲しいなんて、望まれていないし、わたしが勝手に完璧を目指していただけ。

そう気づきました。

それから家事も育児もいっぱい手を抜いて、ラクをして、

イイ妻・イイママより

ご機嫌な妻・笑顔のママ

でいる時間が1秒でも長くなるように意識しました。

もちろんそれでもイライラしちゃう日もいっぱいだったけど。笑

以前よりだいぶマシになりました^^

わたしが笑うと、夫と子供も笑い、

わたしがイライラしていると、夫と娘も元気がなくなる。

それを結婚してから日々体感してきました。

ご機嫌でいるために家事をサボるときは、

夫への伝え方が9割

ということも学びました。

夫を加害者にしない伝え方

夫がヒーローになれる伝え方

「ごめんね。」ではなく、「ありがと~♡」を言って、夫が笑顔になる伝え方

を、少しずつ実践しました。(イライラが爆発してできない日もめっちゃ多いけどw)

今回もテレワーク中夫のお昼の準備に疲れると感じたとき、

「なおちゃん(夫)!急にテレワークになって、お昼準備するの大変すぎ!スーパーのお弁当とか冷凍うどんとか、もっと手抜きたいんだけど!!」

と、突然キレ気味で言ってしまいました。

これでは夫がまるでわたしを不幸にしている加害者になるような伝え方です。(まだまだ修行中です…)

夫は優しいので、

「さやかがラクなほうがいいから、そーしよう♪自分で用意するから気にしなくて大丈夫だよ~♪」

と言ってくれて、そこでハッとして反省。笑

「いつもそーやって優しくてありがとうね。

いつもラクさせてくれてありがとう。」

と、後出しですが笑、夫に加害者から優しいヒーローに変わってもらいました^^

夫は、

「優しいでしょ~♪そうでしょそうでしょ♪妻の幸せが1番ですから♪」

と、ニコニコしてしっかり調子にのってくれました。笑

(男性が調子にのってくれるのは、女性側にとってもすごくいいことです♡)

わが家は2LDKの賃貸で、夫のテレワーク部屋はリビングの隣の部屋です。

だから娘に「おかあさんといっしょ」を見せたらうるさいかな。とか、夫に何も聞きもせず、

勝手に我慢や遠慮をして、それにもモヤモヤしていました。

でもそれも、やっぱり夫婦でちゃんと相談して決めたら、すぐに解決。

夫は、イヤホンをして仕事をすればテレビの音は気にならないから、テレワーク前と同じように自由に過ごして。

と言ってくれました。

付き合っていた期間も、結婚してからも、すごく大事だな。と思うのが

・勝手に相手の気持ちを予想しない

・勝手に遠慮してイイ女になろうとしない(高確率で、後からイライラして不機嫌になるw)

・こっちの気持ちを言わなくても察してよ。と思わない(男性は察する能力が、女性と比べると1%以下くらいしかないです笑)

・自分の思いをどこまで伝えよう?ではなく、どこまでも伝える。(夫を加害者にしない伝え方で)

などなど。

男性が死ぬほど欲しいのは

「僕は目の前の女性を幸せにできている」という自信であって、

妻や彼女に尽くしてもらうこと

ではないんですね。

女性がイイ女になろうとして疲れる選択より、

不機嫌にならずにごきげんでいられる選択をしたほうが、男性もどんどん笑顔になります

女性が幸せだと、男性も幸せ。

男性は、わたしたち女性が思っているより、もっとずっと、優しいんですね^^

【関連記事】女性ががんばるのをやめると、溺愛ループが回りだす♡

今日も読んでいただき、ありがとうございました♡

今日の記事が、いまこの情報を必要としているあなたに届きますように♡