男性に「ごめんね」は言わない!全部「ありがとう」に変換するクセをつけてみる

わたしが24歳のときに大失恋した後、恋愛指南書を何十冊も病的なレベルに読みあさって笑、男性心理を勉強してやめたことの1つ!

それが

男性に「ごめんね」をたくさん言うこと。

男性心理を勉強する前のわたしは

どんな男性も「女性を幸せにしたい!」と四六時中思ってくれている

という男性の本質を全く知らなかったのです。

(「え?なにそれ。ほんとに??」という人、ここは絶対メモですよ!笑(⇦笑って書いたけど、ほんとに重要です!)

男性は、自分の力で女性を笑顔にできたとき、

女性に「ありがと~^^」と感謝されたとき、

天にも昇るほど嬉しいのです。

「ぼくは彼女を幸せにできている~!」

という男性としての自信が、そのままその女性への愛情になっていく。

その反対に、女性から何度も「ごめんね」を言われると

「ぼくは彼女を幸せにできているのかな…」と疑問に思って自信をなくしていってしまう。

振り返るとわたしは20代前半の時、4年付き合った彼に気をつかっているつもりで、「ごめんね」を連発していました。

彼がアトピーのわたしのために和食のお店を探してくれるたびに、

「いつもごめんね。ありがとう。」

と申し訳なさそうな顔と声で言っていました。

きっと彼は

「喜んでほしくてお店を探してるのに…。謝らなくていいのに。

とか

「こんなことで謝らないといけないほど、俺ってそんなに器の小さい男に見えてるのかな…」

とか感じていたと思うのです。

もしいまのわたしだったら、

「わ~♡素敵なお店~♡嬉し~♡探してくれてありがと~!!♡」

とか

「ご飯すごくおいしかった~!!♡ゆっくりできてうれしかった~♡ありがと~!!」

とか、デートの前も、デート中も、デートの後も、何度も彼にお礼を言いまくって喜びます。

もし⇧こーやっていつもお礼や喜びを伝えていたら、フラれずに彼とそのまま結婚していたかも。といまでは本気で思うほど。(フラれたおかげでいまの夫と出会えたので、結果すべてOKだったと思っていますけどね^^)

女性同士の関係では、相手の気持ちを察して気をつかえる女性が好かれますよね。

でも「相手からの気づかい」が嬉しいのは女性であって、男性ではないのです。

男性が嬉しいのは、遠慮しすぎず、気をつかいすぎず、

自分の男性としての器を信じて、思いっきり甘えてもらえること、たくさん喜んでもらえること(ほんとこれ、20代前半で知りたかった。。涙)

わたしは結婚後のいまも、夫に「ごめんね。」を言いそうになる場面があったら、

全部「ありがとう。」に変換するようにしています。

例えば昨日の夫とのラインのやりとり⇩

これは、

ごめん、今日の夜ご飯、お昼のお弁当に入れたおかずと同じものでもいい?

を変換した例です。

こんなこと、いちいち頭で考えてやってるの!?と驚く方もいるかもしれませんが、最初は頭で考えて変換をしてても、だんだん慣れて自然とできるようになるから大丈夫です♡(経験者は語る。笑)

女性から「ごめんね」を連発されると、男性は萎えます。

上のラインの例でも、

「ごめん、今日の夜ご飯、お昼のお弁当に入れたおかずと同じものでもいい?」

と妻に申し訳なさそうに聞かれて、「うん」と答えても夫は

「僕は今日も妻を幸せにできているぞ!♪」

とは感じられないですよね。

でも、妻が夫の優しさと器の大きさを100%信じきっっている様子で(⇦これ大事!)

「愛情たっぷりのキムチ納豆とお昼と同じおかずでもいい?」

と聞いてきたので「いいよ♪」と答える。

そしてそれでけで妻に「ありがと~♡」とお礼を言われる。

そうすると夫は

「優しいオレ」「器の大きいオレ」「今日も妻を笑顔にすることができているオレ」

をいっぱい感じられてとっても嬉しいのです。

「ごめんね」は、基本ぜんぶ「ありがとう」に変換する♡

ついうっかり「ごめんね」が口から出た後も、

「いつも優しくしてくれてありがとうね~♡」

ともみ消せばそれでOKです♡

イイ女になろうと頑張りすぎて疲れるより、

男性の優しさを信じ切ってまっすぐ甘えて、イイ男でいさせてあげてください

今日も読んでいただき、ありがとうございました^^