アトピーの「我慢」を「わくわく」に変える変換力がついた30代

10代、20代のころのわたしと30代のいまのわたしで大きく変わったことは

年のおかげなのか、

優しい夫と出会い「自分以外の何者かにならなくては…」という思いから解放されたからなのか、

以前なら

「アトピーのせいで我慢しなきゃ」と思っていたことが

「美容だ♡うきっ♡」と楽しめるようになったこと。

例えばわたしは読書が好きで1カ月に5冊くらいは読むのですが、(小説などではなく美容、心理学、スピリチュアル、自伝などが好きです^^)

「アトピーの治し方」

とか

「アトピーの食事」

みたいなタイトルの医学系のハウツー本には表紙を見た時点でもう全然惹かれなくて、

「この本で治ったら日本にこんなにアトピーの人いないよ~」

みたいに内心めっちゃ冷めながらペラペラっと立ち読みしてみては

「やっぱだいたいこーゆー内容だよね。はーい。パタン」

とすぐページを閉じてしまう。(いろいろ失礼な奴でごめんなさい笑)

でも医学書コーナーではなく美容関連のコーナーに並ぶ、⇩こーゆー本は表紙を見ただけで「うきっ♡」っとして、買ったその日に一気に読み終わり即実践。笑

(これは昨日のブログでも紹介した管理栄養士の木下あおいさんの本です。読みすぎて年期入ってますね笑。

木下さんの本は何冊も読んでいるけれど、この本が1番好き♡

木下さん自身が、昔太っていて肌も荒れて悩んでいたご経験がある方なので、女性の外見へのコンプレックスに寄り添う言葉選びやエピソードが多く書かれていて、ただのハウツー本じゃなくて「その気持ちわかるー。そうそう。辛いよね。」とか「いまこんなキレイな人が、こんな時期もあったんだな。わたしも諦めず頑張ろう!」とか、心揺さぶられる自伝を読んでいるようなので、彼女の本が大好きなのです♡)

他の人が書いた本でも、美容関連の本を読めば読むほど

「なーんだ。アトピーに悪いって言われてるものって、けっきょく例外なく美容と健康の観点からも悪いものばっかりなんだ。」

「モデルさんたちの食事って、アトピーのわたしよりもっとストイックじゃん。やっぱりキレイな人はキレイになるための食事をしてるんだな~。わたしもがんばろ~♪」

とか思えてわくわくするのです。

若い時は

「アトピーじゃなければ友達とスイーツパラダイスに行けたのに…」

とか

「アトピーじゃなければデートのときのお店選びで彼に迷惑をかけなくてすむのに」

とか、ほんとにいつも思っていました。

でもいまは

「デートのときだけでもアトピーの食事制限に付き合ってくれないよーな彼氏なら、そもそも結婚は絶対にやめたほーがいいよ!結婚生活って食事以外にもお互いにゆずり合わないとうまくいかないことがいっぱい出てくるんだから!彼の器の小ささが結婚前にわかってむしろラッキーだよ!」

とか超上から目線で笑、でも本気でそう思うし、

毎日夫と娘の食事を作るたびに

「わたしがアトピーでほんとに良かった~!食と健康に関する知識があってほんとにほんとに良かった~!」

と思い、

わが家では夫の健康診断の結果がかえってくるたびに

「なおちゃん(⇦夫の呼び名)がスッキリ痩せてしかもこんなに健康なのは誰のおかげですか?♪」

「さや様のおかげですっ!」

「よろしい!さがれ!」みたいな会話になります笑

最近同じ年の女友達と会うと話題は、

アラサーになってからニキビ跡の治りが遅くなった

とか

なんか唇がずっと乾燥する

とか

シミがやばい。しわがやばい。

とかそんな会話が急激に増えました。笑

アラサーになって、こーゆーアトピー以外の肌の老化を感じるようになったことで、わたしは落ち込むよりもむしろ健康的な食事を以前よりも楽しめるようになりました。

といっても、「アトピーの治療のために我慢して食事をえらんでいる」

という気は全然なく(それだと全然わくわくしないですしね。)

「美肌になるため。キレイになるための食事♡うきっ♡」

と思って、楽しく、そして気負うことなくできる範囲で、ヘルシー食を楽しんでいます。

もしいまこのブログを読んでくれているあなたが、昔のわたしのようにアトピーでひどく悩み、毎日元気がでない日々を過ごしていたら、わたしのようなものが恐縮ですが

大丈夫。

「アトピーがあったから良かった。」

そう思える未来は必ずくるよ。

そう声をかけたいです。

あなたの運命の人も、もしかしたらいま、何かの試練にぶつかって頑張っている真っただ中かもしれません。

わたしの夫は、わたしがアトピーに悩み恋愛に前向きになれなかった時期は、別の女性と結婚していました。

その結婚生活の中で彼もまた、毎日悩み苦しみながら頑張っていました。

そして彼が1度目の結婚生活を離婚で終えてから数年後にわたしたちは出会い、結婚しました。

いまではわたしが10代、20代でアトピーで悩んで泣いていた時間すら、

「夫と出会うための調整タイムだった」

と感じています。

あなたの運命の人とあなたも、いまは出会いまでの「調整タイム」かもしれません。

お互いに色々な試練を経験し、魂が鍛えられたときに出会えるのかもしれません。

そう思えたら、少し未来にわくわくしませんか?^^

わくわくできたら、それは必ず叶うこと。わたしはいつもそう信じて生きています^^

今日の記事が、いまこの情報を必要としているあなたに届きますように♡

最後まで読んでいただきありがとうございました♡

管理栄養士の木下あおいさんの本で1番オススメ(知識だけでなく元気と勇気が出た!)とわたしが思った本はこちらです⇩