アトピーで恋愛できない。いつも恋愛がうまくいかない。と思ったときに読んでほしい恋愛の教科書

わたしが恋愛に対する怖さや苦手意識を克服するきっかけになったのは、就職2年目にアトピーが原因の鬱で引きこもりになったとき、以下の2冊の本に出会ったことです。

どちらもアメリカでベストセラーになった男女のパートナーシップに関する本です。

どうしてこれが恋愛への怖さを克服するきっかけになったかというと、この2冊を読み終えたとき、こんなことを感じていたんです。

「なんだ。実は男性もすごく傷つきやすくて、恋愛が怖かったりするんだ…。」

「アトピーで外見がきれいじゃなかったり、親が不仲の家庭で育ったわたしでも、ちゃんと男女の習性の違いを理解すれば、たった1人の男性と幸せな関係を築けるかもしれない…。」

単純ですが、こんなふうに少しだけ心を動かされたのです。

わたしはこの本と出会う前に、5年付き合った恋人に浮気をされてフラれていました。

フラれた直後は

「アトピーだからかもしれない。」

「キレイじゃないから。。」

とか、失恋の原因を自分のいいようにネガティブに捉えていましたが、この2冊を読んだときに、

「やばい…わたし、男性にやっちゃダメって書かれてること、9割やってた…!!⇦笑」

「わたしって、男性の気持ちを全然わかってなかったのかもしれない…」

と、頭を金槌でガーンと殴られたような衝撃がありました^^;笑

いま夫と仲良く夫婦生活を送れているのも、この2冊のおかげで以前よりも男性心理というものを少しは理解できているおかげだと思っています^^

結婚生活は人生の中ですごく大切なことなのに、学校でも親からもうまくいく秘訣や方法は教われないから、すべて自己流になってしまいますよね。
でも世の中には、今日紹介した本の著者の方々ように「夫婦仲改善カウンセラー」や、「恋愛カウンセラー」といった、パートナーシップのプロの方がたくさんいて、何千組という夫婦を見てきた彼らのアドバイスは、本当に参考になります。「もっと早く読んでおけば~^^;」という内容ばかりでした。

2冊ともネットのアマゾンだけではなく書店でも大きいところなら大体置いてあるので、パラパラ立ち読みしてみることもできると思うので、気になった方はぜひ読んでみてください^^

読んでいただきありがとうございました^^