布ナプキンの効果は生理痛が治るだけじゃない【女性器の経皮吸収率の話】

皮膚から物質が体内に浸透することを「経皮吸収」といって、

二の腕の内側からの吸収率を1としたら、女性器からの吸収率は42

経皮吸収の中でも1番注意したいのが、バリア機能が弱い粘膜部分の女性器なんです。

また、

口から吸収したものは尿や汗として代謝されるため、デトックス率は90%なのに対し
皮膚から吸収したものは非常に代謝されにくく、デトックス率はわずか10%ほど

このデトックスされなかった有害物質は脂肪の多い子宮・脳・肝臓に蓄積されやすいと言われています。

市販されている一般的な紙ナプキンは肌面に、

ポリエステル、ポリプロピレン、レーヨン・綿状パルプなどの不織布の中に、

石油・塩素系漂白剤・高分子ポリマー・消臭目的のデオドラント材・香料

などなど…皮膚障害の原因になると言われている有害化学物質をたっぷり使用しています。

女性器に直接触れるものには慎重に気を配りたいですよね。

オススメは生理用品を布ナプキンに変えることです。

(わたしは無印良品の布ナプキンを4年ほど愛用しています。使い方や使い心地についてはこちらの記事で詳しくレビューしました⇨無印良品の布ナプキンが肌触り・洗いやすさNo.1でオススメ

26歳のときに布ナプキンを使い始めてから4年経ち、以下の4つの嬉しい効果がありました。

①経血の量が減り、1年後にはドロドロからサラサラに

それまでは子宮筋腫の疑いがあり、1度に大量の経血が出てその質もドロドロしていたり、レバーのような血のかたまりが出ることもよくありました。

これが布ナプキンに変えてから徐々に経血の量が安定し、使用開始から1年ほどで血のかたまりが出なくなりサラサラに変化。悩まされていた貧血もなくなりました。

この理由はじぶんでもはっきりとはわからないのですが、わたしと同じような変化を体験される女性が多いと布ナプキンを勧める本に書いてありました。(本のリンクは下に貼りました。)

わたしの友人で生理不順に悩んでいる女性に布ナプキンをプレゼントしたところ、彼女も「生理不順が治ってきた!!!」と興奮気味に報告してきてくれて、その半年後には「完全に治った!!!」ととても喜ばれました。

あくまで私の予想ですが、

・肌触りがフワフワ柔らかくて心地良く、陰部のかゆみも減ったので、生理期間中のストレスが減少したこと

・布ナプキンのほうが紙ナプキンよりホカホカ温かく感じること

(実際に基礎体温も上がったので、それについても下に書きました。⇩)

これらが理由の一部なのかな。と感じています。

②基礎体温が上がった

これは血のかたまりが完全に出なくなった頃にあらわれた変化で、それまで35.5℃前後だった平熱が、常に36.0℃を超すようになりました。

疑いのあった子宮筋腫が改善されたからなのかな?と勝手に予想しています。

レストランや職場で「寒い」と感じることがなくなり、むしろ「暑い」と感じることが増えました。

③生理痛が極端に減った

これは①で紹介した経血の量や質の変化によって起きた嬉しいオマケ効果なんだと思います。

この変化も私以外にも体験する女性が多いようなので、ひどい生理痛に悩んでいる方は、1度試してみる価値があると思います。

④生理中の陰部のかゆみが減った

布ナプキンは種類が豊富で、肌にあたる面をオーガニックコットンシルクなど色々な素材から選べます。自分に合ったものが見つかると痒みが紙ナプキンと比べ物にならないくらい減り、ムレ感もなくなるので生理期間中ずっと快適に過ごせます。

以上の4つが、私がこれまでに感じた効果です。

布ナプキンを使ってみようと思ったきっかけは、以前【アトピー・敏感肌おすすめコスメ ブランド3選】の記事でも紹介したこちらの本⇩でオススメされていたからです。

24hコスメの開発者で幼少期に重症アトピーを持っていた藤田真規さんの本です。

化粧品や布ナプキン以外にも、シャンプーやボディソープの選び方など詳しく載っていて参考になります。

興味がある方は参考までにどうぞ^^

今日も読んでいただき、ありがとうございました^^